新潟県上越市の「あごすけ」と「越後薬草」のキムチ餡コラボラーメンが27日から提供開始


「あごすけ」の月岡二幸代表(左)と越後薬草の塚田和志社長

人気ラーメン店「あごすけ」(新潟県上越市)と、クラフトジンや消毒用アルコールで注目される越後薬草(同)が作るキムチの素であるキムチ餡(あん)を使用したコラボラーメンが27日から「あごすけ」姉妹店の居酒屋「酒とめしあごすけ」で提供される。キムチ餡を使った辛いラーメンで、胡麻辛あごちゃんぽん(980円)と、豚ロースの唐揚げがトッピングされたパイコーあごちゃんぽん(1,260円)の2種類。同店得意の豚骨スープベースなどで担々麺のような辛みがあり、野菜が豊富でヘルシーなラーメンで、食べて健康になるという同店の「医食同源」というモットーを具現化した形だ。

このコラボラーメン開発のきっかけは、「酒とめしあごすけ」で「あごすけ」の月岡二幸代表が、27日からランチ営業を開始するのに合わせ、本店「あごすけ」とは、別のラーメンを出すことにし、月岡代表が好きなちゃんぽんをメニューに入れようと考えたことから始める。月岡代表は、越後薬草の商品「まいキムチ」を毎日食べるほどのファンだったことから、越後薬草の塚田和志社長にキムチ餡を使用できないかと打診。塚田社長も「あごすけ」のラーメンを行列して食べるほどのファンだったことから意気投合し、今回のコラボメニューの開発につながった。

月岡代表は「1日摂取量くらいの野菜を入れてるので、ラーメンを食べて健康になってもらいたい。私の大好物のまいキムチには酵素と乳酸菌が入っており、そのキムチ餡を使った。健康を追求すると美味しさが落ちる場合があるが、このラーメンは両立を追求した。これからは免疫を気にするので、発酵食品のキムチ餡を使っており、時流にぴったりはまっている」と話した。

塚田社長は「私も、あごすけのファンだったので嬉しい。びっくりするほど美味しかった。これから夏になり、辛い物が食べたくなる。弊社の野草酵素を入れて作ったキムチ餡は、私の考えでは調味料として少し乗っているというイメージだったが、ラーメン一杯の中に混ざり込んでいることにびっくりした」と話していた。

胡麻辛あごちゃんぽん

胡麻辛パイコーあごちゃんぽん

 

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから