日本赤十字社新潟県支部が小中学生向けの新型コロナウイルス啓発動画を作成

  • 4か月前
  • 社会

動画「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」より

日本赤十字社新潟県支部はこのほど、県内の小中学生向けに「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」という動画を作成した。

日本赤十字社は、新型コロナウイルス感染症は病気そのものと、不安と恐れ、嫌悪・偏見・差別の「3つの顔」を持っており、これらが「負のスパイラル」としてつながることで更なる感染の拡大につながっているとして、この度、その内容を啓発するスライドを作成した。

それに関連して、同組織の新潟県支部ではこのスライドにフリーアナウンサー伊勢みずほさんからナレーション協力をしてもらい、子供にも分かりやすい動画として編集した。なお、同動画は新潟市立山の下中学校、上越市立国府小学校で授業の中で活用を進めることが決まっている。

動画は日本赤十字社新潟県支部のサイトでみることができる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから