中国駐新潟総領事館が新潟県出雲崎町に医療用マスク5,000枚を寄贈


寄贈されたマスク(写真提供=出雲崎町)

新潟県出雲崎町は12日、中国駐新潟総領事館から医療用マスク5,000枚の寄贈を受けたと発表した。同総領事館では中国国内から医療用マスクを調達していたことから、出雲崎町民の「新しい生活様式」の実践に役立ててほしいと寄附した。マスクは、町内の医療機関、福祉施設など不足しているところに配布し有効活用する方針。

同総領事館の孫大剛総領事と、小林則幸町長はこれまでも親交があり、日中の地方交流などについて意見交換をしてきたという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから