新潟県の上越市議会が46年ぶりの会期延長、国の第2次補正予算への対応のため


上越市議会

当初16日に閉会する予定だった新潟県上越市議会6月議会が18日まで延長することとなった。会期の延長は1974年以来46年ぶり。12日に成立した国の第2次補正予算を受けて、村山秀幸上越市長が13日に約11億円の一般会計6月補正予算案を提案したため、会期を2日間延長し、補正予算の審査を行う。

補正予算案の規模は11億1,381万円で、児童生徒1人1台の情報端末の整備を目指す「GIGAスクール構想」の関連予算に9億1,479万8,000円を計上。このほか、ひとり親世帯臨時特別給付金事業に1億6,085万4,000円を盛り込んでいる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから