前新潟市北区長の飯野晋が出馬を正式表明

新潟空港で記者会見

篠田現市長の次期市長選への不出馬表明を受ける形で、前の新潟市北区長飯野晋が26日、今年10月28日に投開票される新潟市長選挙への立候補を正式表明した。

新潟空港で行われた記者会見で同氏は、「これまで培った行政経験や経産省時代のネットワークを活用し、政令市の土台を生かして東京一極集中からヒト・モノ・カネの流れが新潟へ向かうようなまちづくりを進めたい」と語った。また、「県とも緊密に連携に上、空港を活用して経済の活性化を図っていく。その思いをアピールする意味もあり会見場所を新潟空港にした」と述べた。

市長選には既に元自民党参院議員の中原八一氏と元自民党市議の吉田孝志氏、民進系市議の小柳聡氏が立候補を表明している。

飯野氏は早稲田大学大学院理工学研究科修了、経済産業省に16年勤務の後、新潟市の公募区長として北区長を4年間務めた。