『オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ2020」』の出展者募集を開始


写真は昨年のブースの様子

燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市)は、燕三条地域企業のビジネスチャンス拡大とものづくり技術の情報発信を目的に、インター ネット上で技術・製品のPRと商談を行う『オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ2020」』の出展者募集を開始した。

『オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ 2020」』は、6年間開催されている日本海側最大級のものづくり系展示会「燕三条ものづくりメッセ」のオンライン版として今年10月に開催する。オンラインにすることで、開催直前に新型コロナウイルス感染の第2波、第3波が到来し、中止に追い込まれてしまうことを回避した。

オンライン見本市では、機械加工、金型、プレス加工技術などの加工技術だけでなく金属ハウスウエア、 作業工具や刃物などの燕三条の特徴的製品や各種加工機器などのオンライン展示と商談を行う。

具体的には、各出展者のPR動画(PR 動画の作成は燕三条地域企業限定)を作成し、出展者の技術力や製品を分かりやすく提示し、オンライン見本市の web サイトからのオンライン商談への誘導していく。

会期は、10月22日(木)から23日(金)10:00〜17:00までだが、展示会終了後もホームページを維持し、商談の機会創出を継続して行う。

募集規模は、燕三条地域企業150社(予定)、地域外企業50社程度(予定)で、目標来場者(登録閲覧者)は5,000名。

出展料は31,000円(税込。三条市及び燕市市内に企業、三条商工会議所及び燕商工会議所の会員企業は PR 動画制作も含む) 。出展募集締切日は7月17日(金)。

なおオンライン出展募集説明会を下記の日時に開催する。
6月25日(木)10:00〜
26日(金)10:00〜、18:00〜
7月1日(水)16:00~

【関連記事】
新潟県・燕三条地区で「燕三条ものづくりメッセ2019」が開会(2019年10月17日)
https://www.niikei.jp/24389/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから