新潟県上越市に県内4店舗目の「無印良品直江津」が7月20日オープン、世界最大級の店舗に


フロアーマップ

国内外に「無印良品」を展開する良品計画(本社東京都)は、7月20日に頚城自動車(新潟県上越市)が運営する同市の

2階に「無印良品直江津」をオープンすると発表した。売り場面積は約5000平方mで、「無印良品」の中では世界最大級となる見通し。県内では新潟市と新発田市、長岡市に店舗があり、同店が4店舗目で、連携やコラボレーションが多いのが特徴となっている。

同店舗内にテナントとして、同市内3店舗目となる「スターバックス」が出店するほか、グルメセレクトショップの「久世福商店」、コーヒーと輸入食品の「カルディコーヒーファーム」がともに同市内初の出店となる。「スターバックス」と同社のMUJIBOOKSが連携し、ブックス&カフェコーナーを展開、食に関する本と、絵本を最大級の品揃えとする予定。

また、JAえちご上越の農産物直売所「旬菜交流館あるるん畑」と連携し、地域産品を販売する「なおえつ良品市場」を設置する。上越産の旬の野菜や不揃い・規格外の青果のほか、米や日本酒などを展開する。

同社は今年1月に上越市、頚城自動車との3社による地域活性化に向けた包括連携に関する協定を締結しており、パートナーの1社である頚城自動車と連携し、同社のバスを活用した移動販売を今秋からスタートする。店舗までは足を運びづらい中山間地などへ出向く。

さらに、海、登山、ウインタースポーツなどアウトドアが楽しめる上越地域の特色を反映して、同店オリジナル商品やアウトドアブランドを編集したアウトドアコーナーを展開するほか、「無印良品」では全国初となる「無印良品の家 陽の家」のショールームを設置し、家具や雑貨などを実際の住空間で体感できる展示を行う。

グランドオープンに先駆け、7月16日から19日まで、近隣住民のムジパスポートメンバーのうち、同店をフォローした人から抽選で招待する。オープン後は入場制限などの感染防止対策を取っていく方針。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから