新潟県とNICO が「ふるさと起業家応援ビジネスプランコンテスト」を開催

7名の起業家がビジネスプランをプレゼン

4⽇に開催された起業家応援事業ビジネスプランコンテスト

新潟県と(公財)にいがた産業創造機構(NICO)は4⽇、新潟⽇報メディアシップでふるさと起業家応援事業ビジネスプランコンテストを開催した。ふるさと起業家応援事業とは、新潟県内の起業家にふるさと納税により得られた寄付⾦などを原資に、必要経費を最⼤200万円助成する事業。

コンテストでは、7名の起業家によるビジネスプランのプレゼンテーションのあと、審査員と会場のオーディエンス、事前にWEB上で⾏われた投票を合算し、3名の優秀者が選ばれた。このほか、タレントでもあり新潟⾷料農業⼤学客員教授の⼤桃美代⼦⽒の基調講演も⾏われた。

プレゼンテーションを⾏った7名の起業家の事業プランは以下サイトから⾒ることができる。

https://www.furusato-kigyouka.jp/list

⼤桃美代⼦⽒の基調講演

優秀者1⼈⽬は、株式会社きららベジファクトリーの新⾕ 梨恵⼦⽒

2⼈⽬は、⽶粉スイーツ アトリエミーマの武⽯ 洋⼦⽒

3⼈⽬は、@⽊野⼦(あっときのこ)の佐藤 友来⽒