新潟県がアプリ「新潟県防災ナビ」をリニューアル


説明する深田健危機対策課長

新潟県は26日、昨年7月に運用を開始した、県公式アプリ「新潟県防災ナビ」をリニューアルし機能を拡充した。

これまで提供していた情報に加え、県内106河川の想定最大規模降雨(想定している最大雨量。1年の間に1,000分の1の確率で発生する)に基づく洪水浸水区間が確認できるようになった(土砂災害、津波のハザードマップ=被害予測地図も見ることができる)。

県サイトの新型コロナ関連ページにリンクボタン(①)や、防災の基礎知識(避難行動をとるべきかの判断フロー、災害時の持出品リストなど)を学べるコンテンツ(②)を追加した。また、県内の道路や河川カメラのライブ画像を見ることができる「にいがたLIVEカメラ」へのリンクボタン(③)も加えた。「今後、県管理の河川の画像も追加していきたい」と話していた。

新潟県防災ナビはこれまでにおよそ1万5,000件ダウンロードされている。

新型コロナの情報などもアプリから簡単に見ることができるようになった

想定最大規模降雨(想定している最大雨量に基づく洪水浸水区間が確認できるようになった



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから