大湯温泉の村上屋旅館(新潟県魚沼市)が破産手続開始決定


株式会社東京商工リサーチ新潟支店によると、合同会社村上屋旅館(新潟県魚沼市、資本金1,000万円、櫻井惠代表、従業員10名)は6月18日、新潟地裁長岡支部より破産手続開始決定を受けた。破産管財人には渡邉真一郎弁護士(南魚沼市)が選定された。負債総額は約1億5,000万円。

開湯800年の歴史ある越後大湯温泉において、「村上屋旅館」として客室30室の老舗旅館を経営。ピーク時には4億円超の売上高を計上していたが、利用客の減少や施設の老朽化が進み、業績は低迷。近年の年間売上高は1億円台まで低下していたうえ、過去からの金融債務も抱え、資金的にも厳しい運営が続いていた。こうしたなか、前社長が死亡し、夫人が代表として経営を続けていたが、改善の見通しも立たず、後継者もいなかったことで、2019年1月に事業継続を断念し、旅館を閉鎖していた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから