新潟県で「行政不服審査裁決・答申検索データベース」に個人情報を含む事案が発生


新潟県は10日、「行政不服審査裁決・答申検索データベース」(総務省ホームページ)上に公表した審査請求に対する裁決書のPDFファイルにおいて、本文の個人情報はマスキングされていたものの、「文書のプロパティ」上に審査請求人の姓または姓名(6名分)が含まれていた、と発表した。

8日午前10時頃、他の自治体からの連絡により発覚し、直ちにデータを修正(個人情報部分を削除)し、再公表した。

県では現在、「行政不服審査裁決・答申検索データベース」以外で、新潟県ホームページなど、ほかの公開ファイルに同様の事案がないか全庁調査を行っていて、調査が取りまとまり次第公表する予定。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから