新潟県上越市内で新型コロナ感染症患者2人を確認


説明する県の担当者

新潟県は15日、県内87、88例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。

87例目は上越市の10歳代男性会社員。9日に37.6度の発熱と咽頭痛があり、10日にA医療機関を受診。13日に再度A医療機関を受診し、帰国者・接触者相談センターに相談。14日に帰国者・接触者外来において検体採取。15日、保険環境科学研究所における検査の結果、陽性がわかった。行動歴、濃厚接触者は調査中。現在の症状については、熱はないが、息苦しさを感じているという。

88例目は上越市内の20歳代男性会社員。11日に38.5度の発熱があり、14日に帰国者・接触者相談センターに相談し、帰国者・接触者外来において検体採取。15日、保険環境科学研究所における検査の結果、陽性がわかった。行動歴、濃厚接触者は調査中。現在症状はないという。

なお2人は上越市内の同じ会社で勤務している。86例目(糸魚川市の20歳代男性会社員)が勤務する糸魚川市内にある会社の関連会社で、屋内か屋外かは現段階では不明だが、同じ日に同じ現場で働いていた。ただ顔を合わせて話したり、食事をしたりするという接触はなかったという。

2人は16日までに県立中央病院に入院する予定。

一方、田辺工業株式会社のホームページによると、感染した2人は同社北陸支店(上越市)に勤務する従業員という。また田辺工業によると、86例目の勤務先と、87、88例目の勤務先は関連会社ではないという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから