データドック、総額5億2500万円の第三者割当増資を実施

今年度末までに15億円の売上高を目指す

新潟・長岡データセンター

長岡市に寒冷地型データセンターを有する株式会社データドック(長岡市)は、株式会社メディアハウスホールディング(東京都)、東京重機株式会社(東京都)、与田リース株式会社(山口県)など5社を引受先とした総額5億2500万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。資本金は12億8000万円となった。今回の資金調達により財務基盤の強化を図り、今年度末までに15億円の売上高を目指すという。

同社は2016年4月の設立で、今年1月、長岡市に「新潟・長岡データセンター」を開所した。雪氷と外気を活用した最新の空調技術を採用しているほか、データセンターから排出される熱を敷地内の植物工場に活用できるようになったデータセンターという。

新潟ベンチャーキャピタル株式会社も同社に出資している。