爆破予告で臨時閉庁の糸魚川市が27日午前中から業務を再開


糸魚川市役所

糸魚川市は27日、爆破予告対応のため市役所本庁舎を臨時閉庁としていたが、安全確認が終了したため、同日の午前10時45分から開庁し、業務を再開した。

同市には22日、「27日午前9時30分、同市役所本庁舎を爆破する」という旨のメールが届いていた。

 

同日、米田徹糸魚川市長がコメントを発表した。

市役所本庁舎爆破予告における臨時閉庁について、市民の皆さんには、大変ご不便をおかけしました。今後は、庁舎施設内の点検を継続して行い、来庁者の安全を第一に業務の継続に努めてまいります。

令和2年7月27日
糸魚川市長 米田徹



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから