新潟県でファッションデザインなどを行っているインテーゼが「ニイガタが得する凄いご当地Tシャツ」を発売


デザインは「ご飯」など新潟に関するものや新型コロナへの対抗など。売り上げの一部は地域経済支援のため寄付される

 

新潟県でファッションデザイン・Tシャツ販売などを行っているインテーゼは、売り上げの一部を県に寄付する「ニイガタが得する凄いご当地Tシャツ」を発売した。商品はインテーゼの商品販売ページ(https://www.inthese-web.com/)から購入可能。

Tシャツには新潟県の名産品である「ご飯」や、新潟の街に関連する地図記号、新型コロナウイルスへの対抗を意識したデザインなどがされている。サイズは男女共用でS、M、L、XLの4種類、価格は2,980円。このTシャツの売り上げ1枚につき100円が地域経済支援のため県に寄付される。

インテーゼは商品開発の経緯について、「コロナの影響は、当然弊社にも大きくのしかかっています。正直、弊社のような小さな会社に寄付をする余裕などありません。ですが、各業界いろいろな取り組みがある中、アパレルの販売でも何か役に立てればと考えた企画です。今はコロナでつらい環境ですが、新潟の事・地域を愛する人はたくさんいる。この取り組みでそんなメッセージを伝えられれば幸いです」と語っている。

【関連リンク】
インテーゼ 公式サイト
https://inthese.business.site/

インテーゼ 商品販売ページ
https://www.inthese-web.com/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから