新潟県が情報連絡会議を開催、明日の明け方から朝にかけて大雨も

  • 4か月前
  • 社会

大雨に関する情報連絡会議

新潟県は28日午後2時半から、大雨に関する気象情報について情報共有を図るための情報連絡会議を開催した。会議には、県の関係課と新潟地方気象台が参加し、新潟地方気象台の亀井正久気象防災情報調整官から今後の見通しについて説明を受けた。

28日10時の時点で、下越では同じ場所で非常に激しい雨が降り続いた場合、記録的な大雨となる可能性があったが、発達した雨雲は岩船地域を抜け、午後2時半現在はその可能性は低くなったという。

ただ、28日12時から29日12時までの予想される24時間降水量は下越・中越150mm、上越120mm、佐渡50mm(いずれも多いところ)となっていて、明日明け方から朝にかけて佐渡を除く県内では激しい雨が降る可能性もあり、注意が必要という(ただ特別警報がでる可能性は小さいという)。

岩船地域に出ている土砂災害警戒情報の解除については早まる可能性もあるが、あくまでも今後の降雨量次第で、現在も警戒が必要な状況という。

一方、佐渡市川茂地区で道路が崩壊し水道管が損傷し103戸で発生している断水はすでに重機による工事を進めていて28日中は復旧する見通し。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから