自民党新潟県連「いかなる事態でも塚田氏で戦う」


塚田一郎氏(左)と、高鳥修一党筆頭副幹事長(中央)

自民党新潟県連は29日、次期衆院選の公認候補予定者となる第1選挙区支部長候補として、前参議院議員の塚田一郎氏を決定した。県連の小野峯生幹事長は、決定権は党本部にあるとしながらも、「石崎徹さんでは戦えない。仮に党本部が石崎さんを公認したとしても県連としてはいかなる事態においても、わかわれは塚田さんで戦う」と話した。石崎氏の不起訴の可能性もあり、1区の公認をめぐっては今後も混乱が生じそうだ。

塚田氏は「参院選は一切考えていないと答えた」と話した。高鳥修一県連会長(党筆頭副幹事長)は、「塚田氏は1区の出身だし、参議院では全県だったが、1区は県庁所在地で花形。議席を勝ち取ってもらいたい。異論は出なかった。本人からは不退転の決意と聞いている」と話した。小野幹事長は、「石崎さんが起訴、不起訴に関係なく、候補としてはふさわしくない」と語った。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから