新潟県三条市がふるさと納税返礼品に株式会社スノーピーク(新潟県三条市)の製品を新たに追加、品切れとなっていた9品目も再出品


再出品する「シェルフコンテナ 25」

新潟県三条市が21日、ふるさと納税における株式会社スノーピーク(新潟県三条市)の返礼品について、新たに「ベースプレートスタンド L/M」を22日から出品すると発表した。合わせて、9日から出品していた33品目のうち、品切れとなった9品目を再出品する。

三条市では滝沢亮市長が就任以来、ふるさと納税関連の政策を強化。2021年度の寄付額は前年度の倍以上となる15億円を超えた。また2021年7月にはスノーピークとの間に地域活性化に向けた包括連携協定を締結しており、ふるさと納税での連携強化に関する内容も盛り込まれた。

今回は9日から出品した33品目のうち、「焚火台 M スターターセット」や「シェルフコンテナ 25」など品切れとなった9品目を22日12時に楽天ふるさと納税、ふるさとチョイス、ふるなびに再出品。合わせて、「ベースプレートスタンド L/M」を新規返礼品として採用し、楽天ふるさと納税とふるさとチョイスへ同じく22日12時に出品する。

これにより、新規返礼品、再出品する返礼品を含む、スノーピークの製品は32品目となる。なお、ふるさと納税サイトにより扱う返礼品と出品時期は異なる。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も