新型コロナ116例目から118例目の続報を発表


発表する県の担当者

新潟県は4日、県内116例目から118例目の柏崎市在住の新型コロナウイルス感染者の追加情報を発表した。

116例目の40歳代男性会社員は、4日に入院協力医療機関に入院した。富山県射水市で確認された患者の父親で、7月27日にから31日に勤務していた。濃厚接触者は職場の同僚など13名。

117例目の40歳代医療機関職員の女性は、富山県射水市の患者の母親で、4日に長岡赤十字病院に入院。7月27日から31日は勤務した。濃厚接触者は職場の同僚など6名。

118例目は県立柏崎工業高校の生徒で富山県の患者の弟。4日に長岡赤十字病院に入院した。27日から31日は学校に出席、8月1日は部活(運動部)に参加した。他校の体育館で交流試合をしたという。なお、部活名は明らかにされていない。濃厚接触者は学校の部活関係者など51名。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから