119例目の男性患者は上越市のパチンコ店従業員


会見する中山均健康対策課長

新潟県は4日、上越市内で県内119例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。

119例目の男性は20歳代会社員で、県内98例目の濃厚接触者として検体を採取し、7月31日に陰性だった。98例目の人は20代の上越市内の会社に務める男性で、119例目とともに上越市内のパチンコ店の従業員。

しかし、119例目の男性は3日に発熱したため、帰国者・接触者相談センターに相談し、帰国者・接触者外来で検体を採取した。4日に陽性が判明した。

7月30日以降は出勤はない。濃厚接触者は家族など2名。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから