えちごトキめき鉄道(株)(新潟県上越市)が「日本酒を知って・味わう酒匠列車」を運行


えちごトキめき鉄道の車両

えちごトキめき鉄道株式会社(新潟県上越市)は開業5周年の一環として、君の井酒造株式会社(新潟県妙高市)、鮎正酒造株式会社(同)とコラボレーションし、「日本酒を知って・味わう酒匠(さかしょう)列車」を9月に限定で運行する。

運行日は、君の井酒造の企画日が9月5日、6日で、鮎正宗酒造の企画日が同月12日、13日。料金は1人9,000円(税込)で各日とも定員30名。申し込みは4日から12日17時までメールや電話(025-543-7889)で受け付けるが、抽選販売となり、申し込みは2名から3名で受け付ける。

同企画は、各蔵の蔵人が酒造りのこだわりや、おいしい飲み方などをレクチャーすることに加えて、大吟醸が提供されるほか、上越市の老舗割烹「松風園・藤作」の懐石弁当を食べることができる。

運行日程は直江津から妙高高原を経由し、高田のあとに、直江津に着く約2時間半となっている。

メールは、tokitetsu_2020_5th_1@echigo-tokimeki.co.jp。

1人9,000円で各日定員は30名



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから