「飯野すすむと新潟市政を考える会」が市内のホテルで開催

経済界などから700名が参加

今年10月28日に投開票される新潟市長選挙に立候補を表明している飯野晋氏を囲む会「飯野すすむと新潟市政を考える会」が7日、新潟市中央区のホテルで開催された。呼び掛け人である北村泰作氏(北村製作所取締役社長)と池田弘氏(NSGグループ代表)をはじめ地元経済界などから約700人が参加した。

飯野氏は、「東京一極集中ではなく、(父親のルーツである)新潟から日本を良くする不退転の覚悟で(新潟市北区長として)新潟に来た。(市長になり)全力疾走で駆け抜けたい」などと支援者を前に語っていた。

飯野氏は早稲田大学大学院理工学研究科修了、経済産業省に16年勤務。その後、新潟市の公募区長として北区長を4年間務めた。市長選には他に元自民党参院議員の中原八一氏と元自民党市議の吉田孝志氏、元国政野党系市議の小柳聡氏が立候補を表明している。