合資会社多田金(新潟県上越市)の破産手続開始が決定、90年代まで日本で最初にレコードを取り扱った店の一つを運営


株式会社東京商工リサーチ新潟支店によると、合資会社多田金(新潟県上越市、多田新代表)は8月6日、新潟地裁高田支部より破産手続開始決定を受けた。破産管財人には、白鳥良一弁護士(馬場秀幸法律事務所、上越市)が選任された。負債総額は、推定1,000万円。

安政2年に西洋小間物・タバコといった生活用品の小売業を皮切りとして創業、1910(明治43)年にコロムビアがレコード会社を設立した際に、日本で最初にレコードを取り扱った店の一つとして、1949年3月には合資会社多田金として法人設立され、レ コード・楽器などの販売を事業としていた。

「レコードの多田金」として、上越市内のほか、柏崎市、長野県上田市にも店舗を出店して事業を拡大。1994年6月には株式会社タダエンターティンメントを設立して事業を移管、その後、合資会社多田金は不動産管理業務を行なうのみとなっていた。

しかし、事業主体であった(株)タダエンターティンメントは、主力のレコード・CDの販売不振が影響し、2017年7月3日に新潟地裁高田支部に破産を申請(負債約8,000万円)して事業を停止(2018年6月4日破産手続廃止)。

(株)タダエンターティンメント所有の不動産が、差押えの後、競売で第三者の所有となるなど清算が進むなかで、今回の措置となった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから