新潟県上越市の上越妙高ウェルモ会が「新型コロナウィルス対策」プレミアム商品券を発行


上越妙高ウェルモ会の事務局があるフルサットの雁木下

新潟県上越市の上越妙高駅周辺店舗など20店舗で構成する上越妙高ウェルモ会は、「新型コロナウィルス対策」プレミアム商品券を9月1日から、上越市の上越妙高西口のコンテナ商業施設、フルサットなど同会加盟店17店舗で販売を開始する。

1枚500円、1セット1万円で1万3000円の買い物ができるもので、利用期間は9月1日から12月31日で、上越市内に居住している人だけが購入できる。購入金額は1人5万円までで、購入後の返却はできない。

フルサットの飲食店などのほか、日帰り温泉「釜ぶたの湯」やコメダ珈琲、セブンイレブンなど上越妙高駅周辺の20店舗で使用できる。

なお、上越妙高ウェルモ会は、上越市出身のイラストレーター、大塚いちおさんが考案した同駅のお出迎えキャラクター「ウェルモ」にちなんで名付けられた。

上越妙高ウェルモ会の事務局であるフルサットの平原匡代表は、「新幹線開業5周年の年にコロナ禍となってしまった。地域事業者で改めて連携して、消費喚起して行きたい。皆さまにご利用頂きたい」と話している。

キャラクターのウェルモは、上越市出身のイラストレーター、大塚いちおさんがデザインしたもの



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから