新潟選挙管理委員会が新潟県知事選に向けて、横山実郁さんを起用したPVを初公開

  • 1か月前
  • 社会

新潟県選挙管理委員会は16日、新潟知事選に向けて、アイドルグループ「RYUTist」の横山実郁(みく)さんを起用したプロモーションビデオを新潟県庁でお披露目した。

歌詞には「昨日より今日 思うより行動」という言葉が採用され、特に若年層に向けての選挙啓発の意味合いを強く持たせている。

横山さんは「私たちが自分たちの未来を決めるとても大切な機会だと思うので、この歌をきっかけに沢山の方が投票に行ってそのアクションの第一歩になったらいいなと思う」と若者への投票を呼び掛けていた。

横山さん自身も期日前投票に行き、「とてもスムーズに行うことができた。大好きな新潟県を県内だけでなく県外の方へも広く認知して欲しい」という願いを述べ、自身の活動を通して貢献していきたいという意気込みを表明した。

横山さんは現在大学に通っており、若年層の選挙への意識が低いという感想を語り、横山実郁さん自身も友人と選挙の話をあまりしないと語っていた。

横山さんは、選挙のマスコットキャラクターである「めいすいくん」と2人で笑顔を見せながら呼び掛けていた。

投票を呼び掛ける横山実郁さん(右)

横山実郁さんが出演するプロモーションビデオ



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も