キリンビール株式会社新潟支店が令和4年度「キリン・地域のちから応援事業」オンライン贈呈式を実施


助成金を受けた3団体(上)とキリンビール株式会社、公益財団法人キリン福祉財団の関係者(下)

キリンビール株式会社(東京都)新潟支店は16日、公益財団法人キリン福祉財団(三宅占二理事長)が地域に根づく福祉活動として募集した令和4年度「キリン・地域のちから応援事業」の贈呈式をオンライン上で実施した。3団体に対して、計90万の助成金を贈呈した。

キリンビール新潟支社の泉水兼二支社長は「キリン福祉財団は地域の皆様と共に地域を盛り上げる活動に取り組んでいく」と語った。また、公益財団法人キリン福祉財団常務理事の大島宏之事務局長は「私たちは皆さんのパートナーとして心を一つに頑張りたい」と話した。

助成金を受けた3団体はそれぞれコメントし、フードバンクさんぽくは「学習塾などのいろいろな団体と連携しながらする活動をどんどん計画している」、コドモ未来Edutainmentは「技術や健康文化を学ぶことにプラスアルファの繋がりを伝える活動をしていきたい」、はっぴーはーとは「参加費を極力抑えているので、多くのお母さんたちから申し込みを頂いてる」と話していた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も