株式会社諏訪田製作所(新潟県三条市)がベルギー・ブリュッセルにEU支店を設立


ベルギー・ブリュッセルの「SUWADA EU支店」(白いビルの右側1階)、左奥に見える建物はEU本部ビル「ベルレモン」 (株式会社諏訪田製作所提供)

株式会社諏訪田製作所(新潟県三条市)はこのほど、ベルギー・ブリュッセルに「SUWADA EU支店」を設立し、オフィス兼ショップとしての営業開始に向けた準備を進めていると発表した。

諏訪田製作所は2011年にイギリス・ロンドンへ「SUWADA LONDON支店」を設立し、ヨーロッパの営業拠点として販売やアフターフォローを行なってきた。しかし、2020年にイギリスがEUを離脱し、今後物流などの面で影響が出る可能性もあることから、第2の海外拠点として今回の新支店設立に踏み出した。

そして、ブリュッセルが保有する建物の出店審査に立候補した結果、「地域に文化的価値観を与えるビジネス」として、諏訪田製作所が選定され、EU本部オフィスが立ち並ぶ、ブリュッセルのシューマンエリアに新たな支店を構えることに決定した。

ベルギーは、フランスやドイツ、オランダなどと国境を接し、特にシューマンエリアには前述の通りEU本部をはじめ日本大使館も存在する。諏訪田製作所によると、シューマンエリアは観光客も多く、特にEUの職員の多い賑やかなエリアであることから「グローバルな影響力があるこの場所から、SUWADAのストーリーを発信していきたい」という。

諏訪田製作所がつくる爪切りをはじめとした製品は海外でもファンが多い。コロナ禍の中で、諏訪田製作所の新展開が新たな起爆剤になることに期待したい。

【グーグルマップ 「SUWADA EU支店」近辺】

 

【関連記事】
「社員が最高のパフォーマンスを発揮できる」職場環境づくりを思考する諏訪田製作所(新潟県三条市)(2020年12月9日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も