新潟県の花角知事が会見、辞意表明の安倍首相に対してコメント


会見する新潟県の花角英世知事

新潟県の花角英世知事は2日、新潟県庁で定例会見を開き、先日辞意を表明した安倍首相について語った。

安倍首相の辞意表明について

安倍総理の辞意表明について,「驚いた。記者会見はコロナ対策や体調の話だと理解していたので、驚きだった。健康状態を考えた重い決断だった。一国のリーダーということで精神的にも肉体的にも大変だと推測する。長い期間にわたって、拉致問題などに尽力されており、敬意を表したい。感染拡大防止や経済活動の両立という課題のほか、外交関係など空白が生じないように迅速に取り組んでもらいたい」と話した。

また、自民党の次期総裁として有力視されている菅官房長官に対する印象として、「私が役人時代にお会いしている。拉致問題担当大臣としてもお会いしている。冷静沈着の印象があり、冷静な判断ができる人だ」と話した。

アベノミクスについて

アベノミクスについては、「期待をしていたが、東京の大企業が優先で、結果として地方の中小企業に波及するということを期待してのもの。東京は雇用や消費活動に現れたが、地方での実感はそれほど大きなものではない。地方での効果の実感はこれからかもしれないが、新型コロナウイルスもあり、潤いを実感できない」と語った。

また、「地方創生も道半ばだ。大きな課題だが、安倍首相は全力で取り組まれたと思う。首都圏への流入が抑えられていない。アジェンダとして取り組まれたのは敬意を表する。拉致問題は、政権の全力で取り組まれたのは敬意をもって評価したい。結果として、政権の中では出来なかったのが事実。これも道半ばだろう」と話した。

「課題を大きく提示した」

安倍首相の評価については、「経済の再生や地方創生、拉致問題も課題を大きく提示して、解決を図るといっただけでも意義は大きかったと思う。アジェンダとして、課題を明確に示された。取り組む土台を作った」と話した。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから