新潟県三条市が「三条音楽祭」をオンラインで配信


今年の「三条音楽祭」ポスター

新潟県三条市と三条音楽祭実行委員会は13日15時から、「三条音楽祭 ONLINE 2020 」として、東京で撮影された映像と、新潟での生中継を組み合わせた映像を配信する。また、イベントと連動しTwitterやInstagramで過去の音楽祭の写真を載せた人へ三条市の特産品をプレゼントするキャンペーンや、三条市内の飲食店でオリジナルステッカーを配布するイベントも行っている。視聴は、「三条音楽祭」の公式サイトから。

「三条音楽祭」は、「若者の力で三条市を盛り上げて元気にしたい」という想いを共有する若者と三条市が協力し、2009年から開催されている。今年で12回目となる予定だったが、新型コロナウイルス感染予防の観点から今年はオンラインでの開催となった。野外で行われていた昨年までは、毎年約3,000人の来場があったという。

配信は13日の15時から20時まで行われ、TAMTAMやSAIRU、RADDIMATESなど、県内外から多くのアーティストが出演する。さらに新潟県内のアウトドアショップWEST全店では、大型モニターを利用したパブリックビューイングも予定している。

また音楽イベントと連動して、6日までTwitterやInstagramでキャンペーンが行われた。キャンペーンでは、過去の「三条音楽祭」の写真に「#三条音楽祭」「#プレイバック音楽祭」をつけて掲載することで、燕三条の地場産品や三条市下田村の野菜を抽選でプレゼントするというものだ。

現在は13日まで、三条市内の飲食店で会計をする際「三条音楽祭」の合言葉でオリジナルステッカーが貰えるキャンペーンを行っている。

 

【関連リンク】
三条音楽祭2020 公式サイト
https://online.rakuonsai.com/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

1 件のコメント

  1. dafa 2020/09/09(水) 00:54:17

    「音楽祭」ではなく「楽音祭(らくおんさい)」ですよ!

コメントはこちらから