東京2020オリンピック聖火リレーの実施概要を発表


東京2020組織委員会は28日、2021年 東京2020オリンピック聖火リレーの実施概要を発表した。来年3月25日に福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジでグランドスタートし、121日間で全国各地をめぐる。

各都道府県の実施日は従前の1日前倒し(曜日は同じ)で、新潟県は来年6月4、5日に実施される。

聖火リレーを行う市町村は、原則変更せず、走行ルート・セレブレーション会場も維持する予定。また既に決定した聖火ランナーに優先して走行してもらうが、候補者の辞退などによって変更が生じた場合は調整を行う。

なお新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、一部の車両を削減し聖火リレー隊列のスリム化を図るほか、業務に従事するスタッフ数の見直しなどの効率化を図る。

【関連記事】
新潟県内の「東京2020オリンピック聖火リレー」ルートが公表(2019年6月1日)
https://www.niikei.jp/17367/

東京2020オリンピックの聖火ランナー内定者と新潟県内の詳細ルートが公表(2019年12月17日)
https://www.niikei.jp/27534/



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから