北越コーポレーション株式会社(東京都)、投資有価証券譲渡による特別利益の計上とそれに伴う業績予想の修正を発表


北越コーポレーション株式会社(東京都)は30日、特別利益の計上とそれに伴う業績予想の修正を発表した。

2021年3月期連結累計期間において、資産効率化の一環として、日伯紙パルプ資源開発株式会社との間で、北越コーポレーションが保有する日伯紙パルプ資源開発の全保有株式を譲渡する「自己株式取得に関する契約」を締結することを30日決定するとともに同社と譲渡契約を締結した。売却益は51億7,500万円。2021年3月末までに株式の譲渡が実行される予定。

この投資有価証券の譲渡により、特別利益を計上する見込みとなり、8月7日に公表した2021年月期の通期の連結業績予想値を修正。親会社に帰属する純利益を35億円から75億円に修正した。

売上高2,100億円、営業利益10億円、経常利益55億円の業績予想に変更はない。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから