「もっと自民党と厳しく戦い、おかしな政治を直す」森裕子参院議員が柏崎刈羽総決起集会で語る


森裕子参院議員

森ゆうこサポーターズクラブ柏崎刈羽連絡調整会議は16日、森ゆうこ柏崎刈羽総決起集会を柏崎市産業文化会館で開催した。立憲民主党の森裕子参院議員は7月10日投開票の参院選挙に新潟選挙区から4選を目指している。

森裕子選対本部長で立憲民主党県連会長の菊田真紀子衆院議員は、「参院選はもうすぐに迫っており、ギアを最大限に上げて全力で向かっていかなければならない。森さんの知名度は高いが、世論調査ではそう簡単にはいかないという結果が出ている。岸田内閣の支持率が非常に高いためだ。しかし、これは何もやってないから、大きな失敗がないためだ。他方、野党はちぐはぐで足並みが揃わなかったため、野党への期待が減っているが、6年前と同じように野党と市民の代表として、国会に押し上げていただきたい」と挨拶した。

森裕子参院議員は「6年前に皆様からお預かりしたこの議席がいかに尊いか、どうしても守らなければいけない気持ちでいっぱいだ。今野党に対する期待がないので、状況は本当に厳しいが、とにかく石にかじりついてでも勝たなければいけない。若い人たちの給料を上げて、GDP6割を占める個人消費を増やさなければ、経済はよくなるわけがない。税金の無駄使いや行政の不正などもっと自民党と厳しく戦い、おかしな政治を直す」と決意表明した。

参院選をめぐっては、森参院議員のほかに、自民党の新人小林一大県議、NHK党の新人越智寛之氏、政治団体「参政党」の新人遠藤弘樹氏の4人が立候補を表明している。

立憲民主党の菊田真紀子県連会長

最後はガンバローコールで締めくくった



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も