新潟県三条市が県の「新潟県新型コロナお知らせシステム」の運用を開始


新潟県新型コロナお知らせシステム イメージ図(県報道資料より)

新潟県三条市は16日、新潟県がLINE公式アカウント「新潟県-新型コロナ対策パーソナルサポート」を活用した感染情報提供サービス「新潟県新型コロナお知らせシステム」を導入したことを受け、三条市でも16日から運用を開始したと発表した。

新型コロナお知らせシステムは、県内の施設やイベント会場などに掲示されたQRコードをLINEアプリで読み取ると、万が一、施設を利用した人の感染が判明し感染拡大のおそれがあると判断された場合に、県のLINE公式アカウントを通じて同じ時間帯に当該施設を利用された人にLINEで注意喚起情報のメッセージが届くというもの。

三条市では、不特定多数が利用または訪問し、濃厚接触の可能性が想定され合計49施設が対象施設となっている(下の写真参照)。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから