石崎徹衆院議員の離党届受理を受けて自民党新潟県連の高鳥修一会長がコメントを発表


石崎徹衆議院議員(今年9月)

自由民主党新潟県連の高鳥修一会長は22日、自民党党紀委員会で、暴行罪で略式起訴された石崎徹衆院議員の離党届受理が了承されたことを受け、「石崎議員の離党届が党紀委員会に受理されたことで、新潟1区の支部長選任問題がようやく前進すると思う。新潟県連として新たな支部長に塚田一郎前参議院議員を上申しており、党本部にて手続きが進むように取り組んでまいりたい」とコメントを発表した。

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから