「私たちは責任世代」自民党の小渕優子衆院議員が新潟県三条市で街頭演説


自民党の小渕優子衆院議員は24日、参院選新潟選挙区に立候補している自民党の新人、小林一大(かずひろ)氏の応援で新潟入りし、新潟県三条市で街頭演説を行った。当日は多くの聴衆が集まった。

小渕衆院議員は「実は小林候補とは同じ年で、お互いに子育て世代であり、そしてこれからを担っていかなければいけない責任世代である。小林候補は、これまで県議会議員として地元のために一生懸命汗を流してきたと思う。国会に来てもらえば、すぐに即戦力として活躍できると思う」と話した。

続けて、「この新潟選挙区は本当に厳しい戦いをしている。まさに事実上、与野党一騎打ちという構図になっていると思う。相手の候補者は知名度もあるし、野党のベテランでもある。私のような気の小さい人間は、全然太刀打ちできないかもしれないが、小林候補は忍耐力、精神力、体力がある。残りの選挙戦、相手に追い付いて、相手を必ず追い越していくと思う」と語った。

また、自民党の細田健一衆院議員、国定勇人衆院議員、鷲尾英一郎衆院議員が挨拶したほか、小林候補は街頭演説の冒頭で「小渕先生にお越しいただいて、本当に元気が出る。私たちが失った大切な与党の議席を奪還しなければならない」と自民党の議席奪還への意欲を見せた。

応援に駆け付けた自民党の小渕優子衆院議員

自民党の小林一大候補



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も