27日の新潟で降る大雨の状況を受け、大雨に関する警戒本部会議が開催される

  • 2か月前
  • 社会

大雨に関する警戒本部会議の様子

新潟県は27日、今後の大雨に関する警戒本部会議を開催した。

会議には、広報、農業、道路、河川、砂防、危機対策などの関係部署や新潟地方気象台が出席し、今後の気象情報について情報共有を図るとともに事前の警戒対応などを確認した。

会議によると、27日の未明から県内に大雨をもたらした雨雲は抜け、一旦小康状態になっているものの、27日の21時から28日の明け方にかけて再び大雨が降る状態になる恐れがあり、注意を呼び掛けた。

27日18時から28日18時までに予想される24時間降水量(多いところ)は、下越で100ミリメートル、中越で50ミリメートル、上越で30ミリメートル、佐渡で60ミリメートルとなっている。

特に、27日夜遅くから28日の明け方にかけて、雨が強まる時間帯があるという。具体的には、下越佐渡を中心に0時前後にもう1度強まる危険性があると話していた。寝静まる人が多い時間帯に大雨が降る可能性があるので警戒を呼び掛けていきたいという。

会議後、報道陣の取材に対し、新潟県防災局危機対策課の酒井公生課長は、「避難指示が出ている地域の住民のかたは、今すぐに避難して欲しいと思う。色々な手法で情報発信をしているので、自分自身で情報収集をして、できるだけ安全なところに身を寄せてもらいたいと思う」と語った。

 

【関連サイト】

新潟県の警報、注意報

新潟県の気象情報

雨雲の動き

新潟県防災ナビ

土砂災害ハザードマップ



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も