東京電力エナジーパートナー、新潟にカスタマーセンターを新設


東京電力ホールディングスグループの小売電気事業者、ガス小売事業者である東京電力エナジーパートナー株式会社(東京都)は新潟県と熊本県に、引っ越し手続きなどを電話受付するカスタマーセンターを新設する。

10月に熊本市に新設したのに続き、12月に長岡市、来年1月に新潟市に新設する予定。

新たなカスタマーセンターでは、新型コロナウイルス感染症対策として、センター内の定期的な消毒、アクリル板区切りによる飛沫対策、従来よりも広くした執務スペースの採用などを行なっている。

同社では、事業継続計画(BCP)を踏まえ、カスタマーセンター機能の配置・構築を行ってきたが、昨年の大型台風襲来時や新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言の発出時に十分なオペレーターが参集できなかった経験などに基づきカスタマーセンターの一層の分散化を進めている。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから