大学生活がオンライン上で完結する「ネットの大学 managara」が文部科学大臣から正式に設置認可


ネットの大学 managaraのサイトより

新潟産業大学(新潟県柏崎市)と、総合教育サービス企業の株式会社ウィザス(大阪市)はこのほど、講義をはじめとする大学生活、大学卒業、学士号(経済経営学士)取得がオンライン上で完結する「ネットの大学 managara(新潟産業大学 経済学部 経済経営学科 通信制課程)」が10月23日付で文部科学大臣から正式に設置認可を受けたと発表した。

1回10分程度の動画配信の講義を基本に、EdTech(教育=Educationとテクノロジー=Technologyを組み合わせた造語)を活用した実践的な講義を準備しているという。またZoomを用いたグループワークや、プレゼンテーション、ゲーミフィケーション(ゲームデザイン要素やゲームの原則をゲーム以外の物事に応用すること)を使用した経営シミュレーションゲームなど、ネット上で楽しみながら学ぶことができる。

卒業後の支援(就職支援、キャリア支援)などもネットでサポートする。

経済分析や市場理論を基礎から学び実社会で役立つ応用力を具体的な事例を通して身につける「経済学部 経済経営学科 経済学部分野」、マネジメント理論などを広く学ぶことともにリーダーシップのあり方なども学ぶ「経済学部 経済経営学科 経営学分野」を設けている。

授業料は年間30万円。

新潟産業大学(柏崎市)を設置する学校法人柏専学院は2018年8月、ウィザス(大阪市)と業務提携を締結している。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから