(株)スノーピーク(新潟県三条市)が、京都伝統工芸のコラボレーションアイテム第1弾を発売


株式会社スノーピークは京都伝統工芸工房とのコラボレーションアイテム4種を発売

株式会社スノーピーク(新潟県三条市)は、京都伝統工芸工房とのコラボレーションアイテム4種を、「スノーピークランドステーション京都嵐山」限定で7日に発売を始めた。

創業300年を超える「和傘屋辻倉」をはじめ、「開化堂」「朝日焼」「細尾」という日本を代表する京都伝統工芸工房とのコラボレーションでは、京都を拠点に活動し、レディー・ガガさんが靴を愛用していることでも知られる、デザイナー兼アーティストの串野真也氏をディレクターに迎えた。

世界に誇る京都の伝統技術が生み出す美しい逸品を、スノーピーク独自の視点でアップデートすることで、京都という土地の魅力を紹介しながら新たな人生価値を提供していくという。

今回のコラボ商品は、細身の骨組みで、見た目も洗練された「蛇目傘(和傘屋辻倉コラボ)」、携帯しやすいコンパクトサイズの「茶筒(開化堂コラボ)」、岩からそのまま切り出したような力強さと洗練を併せ持つ特注の「一輪挿し(朝日焼コラボ)」、木型からオリジナルで起こし、西陣織の可能性を引き出した「ルームシューズ(細尾コラボ)」の4点。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから