万代地区接客ロールプレイングコンテスト

テーマは「お客様と素敵な会話を」

接客ロールプレイングコンテストの様子

13日、2018年万代地区接客ロールプレイングコンテストが、万代シルバーホテルにて開催された。新潟交通株式会社、株式会社三越伊勢丹プロパティ・デザイン、三井不動産商業マネジメント株式会社の3社合同主催。

接客ロールプレイングコンテストは、買い物をするお客様の想いやニーズをしっかりと受け止め、プロとしての着こなしや、アドバイスを行い、万代シティでの買い物に満足してもらいたいという想いから、万代シティで働くショップスタッフの接客意識向上や、スキルアップを目的として行なわれている。

7回目となる今回は、万代シティの大型商業施設、ビルボードプレイス/BP2、ラブラ万代/ラブラ2、新潟アルタの3館から120名の応募があり、そのなかから選出された22名が出場した。「お客様と素敵な会話を」がテーマで、「お客様の目的や想いを理解し、それに合った提案が出来ているか」「会話や空間演出が出来ているか」が、審査の基準となった。

優勝した権田裕佳さん(ビルケンシュトック勤務)は、以前に購入した靴を気に入った来店客に対し、色違いや、靴紐のカラーを変えることを勧める接客をみせ、来店客を理解したうえでの提案が素晴らしいと評価されての受賞となった。表彰式では「お客様が何を求めているのか考えながら、どうなりたいかを引き出したいという思いで臨んだ。これからの自分自身の可能性を見つけることができた」と話していた。

会場の様子

優勝した権田裕佳さん(ビルケンシュトック勤務)