将来の人気店オーナーを目指そう! 新潟調理師専門学校で開業セミナーが開かれる

 

新潟信用金庫は13日、新潟調理師専門学校(新潟市中央区)で、同校の学生を対象にした「開業セミナー」を開催した。同校は調理師という職種の性質上、開業意識が高い学生が多いとみられ、じっさい話題の人気店「燕三条イタリアンBit」の秋山武士代表などを輩出している。このため、将来の独立開業に向け、意識を高めてもらうことを目的に開催した。

講師は、開業セミナーなどを数多くこなしている新潟市産業振興財団(新潟IPC財団)の春川英広プロジェクトマネージャー。

セミナーは、Q&A形式。質問項目は、「A店は繁盛店。B店は閑散店。なぜA店は繁盛するのか?」「料理、サービス、接客対応など全てが完璧なら、顧客満足は100%達成される?」「開業に必要な資金はどうやって集める?」など。
こうした質問に対し、学生はまず自分で回答を考えた後、少人数でディスカッション。そして何名かの生徒が発表する。そして最後に春川氏が解説する形で進み、学生たちはクイズのように楽しみながら、開業について学んでいた。

なお同金庫が、新潟調理師専門学校で開業セミナーを開くのは今回で2回目。26日にはみたび同校(13日とは異なるクラス対象)で開催するという。また、11日には、同じく開業意識の高い学生が多いとみられる新潟柔整専門学校(新潟市中央区)でも開催している。

筆者の字が書かれていて申し訳ないが、クエスチョン「料理、サービス、接客対応など全てが完璧なら、顧客満足は100%達成される?」の資料