新潟県三条市がふるさと納税で品切れとなった株式会社スノーピーク社製の製品19品目を再出品


19日に再出品されるスノーピーク社製の製品

新潟県三条市は、ふるさと納税に株式会社スノーピーク(新潟県三条市)の「焚き火台Lスターターセット」や「シェルフコンテナ25」など品切れとなった製品19品目を19日に再出品することを発表した。

出品場所は、楽天ふるさと納税、ふるさとチョイス、ふるなび、さとふる、JREMALLふるさと納税、auPAYふるさと納税、ANAふるさと納税にて出品を予定している。在庫がなくなり次第出品を終了する予定だという。

スノーピークふるさと納税の品を出品した背景は、三条市とスノーピークとの間で地域活性化に向けた包括連携協定を令和3年7月に締結しており、ふるさと納税での連携強化において、「スノーピーク商品の活用などによる、ふるさと納税の新たな寄付者の獲得」が協定に盛り込まれた。令和3年11月より返礼品として「チタンシングルマグ」シリーズなどが採用されたが、即日で品切れになるなどの大きな反響があった。

株式会社スノーピークは、1958年にものづくりのまち新潟県三条市にて創業したアウトドアメーカー。「自然と人、人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とし、キャンプ用品、アパレルの開発、国内外での販売のほか、地方創生、ビジネスソリューションなど幅広い事業を展開する。大自然に抱かれた約15万坪のキャンプ場を擁する本社「HEADQUARTERS」を構える。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」

三条市ふるさと納税特設サイト https://furusato-sanjo.jp/

スノーピーク公式サイト https://www.snowpeak.co.jp/

【関連記事】
ふるさと納税とものづくりの街・新潟燕三条 三条編「直営体制の構築と、市のファンをつくる取り組み」(2022年8月17日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も