新潟市が『図説 新潟開港150年史』を刊行

開港150周年を記念して刊行

新潟市は来年1月1日に新潟港が開港150周年を迎えることを記念して『図説 新潟開港150年史』を刊行する。開港以前の湊町新潟の様子や、開港から現在にいたるまでの新潟港の歴史をたどっており、新潟の誇りである新潟港のあゆみを知ることができる一冊。サイズはA4版カラーで、全128ページ。

販売開始日は12月1日で、価格は1200円(税込)。新潟市歴史文化課(白山浦庁舎)、新潟市歴史博物館みなとぴあで販売する。また図説の刊行に合わせ,12月1日に万代市民会館において「古資料が語る新潟の歴史」特別講座を開催し,図説のみどころなどを紹介する。

 

目次

第一章 湊町新潟の繁栄

一 湊町新潟の成り立ち

二 湊町新潟のかたち

三 河口の独占

四 湊に集う回船

五 新潟町の回船問屋

六 村々に支えられる湊

コラム一 流作場と島

第二章 新潟開港以前

一 抜け荷

二 新潟上知

三 外国船の来航

四 繰り返される開港の延期

コラム二 雪旦の見た新潟

第三章 新潟開港

一 戊辰戦争下の新潟開港

二 開港と新潟県開設

三 新潟税関

四 開化の町新潟

五 外国人の来港

六 川蒸気の隆盛

コラム三 白山公園

第四章 新潟港の模索

一 貿易の不振

二 築港を求めて

三 回船と定期航路

四 ウラジオストク航路の模索

五 北洋漁業基地

六 地主と資本主義

七 鉄道の開通と新潟港

コラム四 萬代橋

第五章 近代港湾の実現と戦争

一 沼垂合併と築港

二 臨港埠頭と山ノ下開発

三 築港と町づくり

四 港湾と工業化の展開

五 飛行場の開設

六 日満指定航路と定期船

七 戦時下の拠点港

八 襲われる港

コラム五 森山一虎「日満航路―月山丸―」

第六章 新潟港と新たな出発

一 港の復興

二 万代島の整備と導流堤

三 漁業基地として

四 米軍基地の飛行場

コラム六 削られる海岸・防波堤

第七章 高度経済成長と新潟港の拡大

一 地盤沈下

二 日本海沿岸諸国への期待

三 佐渡汽船

四 関屋分水路と港

五 新潟地震

六 新産業都市と東港の建設

七 特定重要港湾の指定

八 新潟空港

コラム七 鉄道と自動車の街「流作場」

第八章 港の文化

一 エネルギー基地 東港

二 商工業団地の形成

三 フェリー基地 西港

四 万代島再開発

五 憩いの場としての港空間

六 国際交流と環日本海

七 地域の魅力を発信する湊町の文化財

八 姿をあらわす江戸時代の湊町跡

コラム八 湊町新潟の発見