【アース・セレブレーション2022最終日】爽やかな潮風を感じる佐渡最大の野外フェスティバルに幕 8月21日(日)【(株)佐渡テレビジョン】


小木みなと公園を中心に8月19日から3日間にわたって行われたアース・セレブレーション2022。今年は有観客でのコンサートが3年ぶりにおこなわれ、21日の最終日には特別ゲストと鼓童オールキャストによるライブなどで会場は盛り上がりました。

コロナ禍での開催となった今年は、来場者に検温と手指消毒の実施。また、マスク着用の呼びかけアルコール類の提供をなくす他、島外から訪れた人にはPCR検査や抗原検査を来島前に実施してもらうなどの対策が取られました。

そして、以前まで自由席だったライブですが今年は蜜を避けるため一人ずつのスペースを広く儲けました。

またライブエリアでは大声での掛け声やダンスエリアを設けないなどの対策を講じる中はじまった最終日のライブには、島内外からおよそ1,200人が集まりました。

また、迫力ある大太鼓の演奏につづきサムライギタリストの異名をもつ世界的アーティストのMIYAVIさんがゲストとして登場し、会場をさらに盛り上げます。

そして、アース・セレブレーション3度目の出演となるもう一人のゲスト、三味線プレーヤーの上妻宏光さんも登場し、三味線・ギター・和太鼓を中心にした様々な音色が重なり合ったステージが披露されました。

訪れた人たちは感染対策のため大声は出せないものの、体でリズムを刻むなど3年ぶりの対面でのライブを堪能していました。

そしてライブ最後には総勢37人の鼓童メンバーがステージに立ち、盛り上がりは最高潮に。

爽やかな潮風を感じる佐渡最大の野外フェスティバルに幕を閉じました。

なお、鼓童文化財団によりますと20日と21日の2日間で3公演行われたハーバーマーケットライブには、およそ3,000人が訪れたということです。

アース・セレブレーション2022



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も