新潟市の修学旅行生により損壊したクワクボリョウタ氏の「LOST#6」、修復完了し越後妻有里山現代美術館(新潟県十日町市)で再公開


「越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)」(新潟県十日町市)で8日から、クワクボリョウタ氏による作品「LOST#6」が再公開されている。

「LOST#6」は、鉄道模型から放たれた光が織物器具に当たった影を壁に投影する作品。2022年4月、新潟市からの修学旅行生により破壊されて以降は公開できない状況がつづいていたが、このほどクワクボリョウタ氏による修復が完了した。

再公開2日目の9日は、平日にもかかわらず、多くの見物客が訪れていた。作品は約8分間のプログラムで、真っ暗な展示場の静寂の中に幻想的な光が演出されていた。

クワクボリョウタ氏の作品

 

【関連記事】
修学旅行で訪れた中学生が大地の芸術祭作品を損壊、越後妻有里山現代美術館(新潟県十日町市)が警察へ被害届提出(2022年6月6日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も