テレワーク時代の最新ファイルサーバ


人口でみる令和3年(2021年)

  • 3か月前
  • 社会

 

新潟県の発表によると、令和3年1月1日現在の新潟県の丑年生まれの推計人口は、18万4,300人(男性8万9,400人、女性9万4,900人)で、総人口(推計)219万5,400人に占める割合は8.4%となっている。

丑年生まれの人口を出生年別にみると、昭和24年生まれが4万300人で最も多く、昭和48年生まれの3万2,400人、昭和36年生まれの2万7,200人、昭和60年生まれの2万2,800人と続いている。なお県内総人口を十二支別に見ると、子年が19万4,400人で最も多く、亥年(19万700人)、寅年(18万4,800人)の順で、丑年は4番目となっている。

 

一方、令和3年に新潟県で新たに成人に達する人口(令和3年1月1日現在)は、推計2万600人で、前年と比べて200人多くなっている。内訳は、男性1万700人、女性9,900人で男性が800人多く、性比(女性100人に対する男性の数)は108.1で、前年と比べて2.0ポイント高くなっている。

県の総人口(推計)219万5,4002人に占める新成人人口の割合は0.940%で、前年と比べて0.020ポイント高くなっている。

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も