テレワーク時代の最新ファイルサーバ


新潟県燕市、五泉市、三条市、湯沢町で8名の新型コロナウイルス感染症患者

  • 3か月前
  • 社会

新潟県は3日、新潟県燕市、五泉市、三条市、湯沢町で8名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。県内559から566例目となる。

559例目は、燕市の20歳代男性(学生)。2日に発熱のため、医療機関を受診し抗原検査の結果、陽性が判明した。現在発熱がある。濃厚接触者は調査中。入院済み。なお通っている学校は年末年始休みで休校となっている。

560例目は、五泉市の20歳代男性(会社員=不特定多数と接する仕事ではない)。2日に医療機関を受診し抗原検査の結果、陽性が判明した。感染経路は不明。現在発熱と呼吸器症状がある。濃厚接触者は調査中。入院済み。

561例目は、三条市の10歳代女性(学生)。1日に県内545例目(12月31日に確認された燕市の10歳代男性学生)の濃厚接触者(知り合い)として検体採取。2日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在無症状。濃厚接触者は調査中。宿泊療養施設に入所済み。

562例目は、燕市の50歳代男性(公務員)。1日に県内545例目(12月31日に確認された燕市の10歳代男性学生)の濃厚接触者(同居家族)として検体採取。2日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在無症状。濃厚接触者は調査中。入院済み。

563例目は、燕市の50歳代女性(会社員)。12月31日に味覚異常を呈し、1日には、県内545例目(12月31日に確認された燕市の10歳代男性学生)の濃厚接触者(同居家族)として検体採取。2日にPCR検査の結果、陽性が判明した。現在発熱と味覚障害がある。濃厚接触者は調査中。入院済み。

564例目は、三条市の30歳代男性(福祉施設職員)。12月23日と28日に、新型コロナウイルス感染症患者が発生している福祉施設関連(特別養護老人ホームさかえの里)の濃厚接触者として検体採取しPCR検査を実施したが陰性だった。その後、31日に再度検体採取。2日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在無症状。濃厚接触者は調査中。宿泊療養施設に入所済み。なお、この福祉施設関連の患者はこれで計38名となる。

565例目は、燕市居住者で、年代、性別、職業は非公表。1日、県内540例目(12月31日に確認された燕市の10歳代男性、職業は非公表)の濃厚接触者として検体採取。2日、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在無症状。濃厚接触者は調査中。入院済み。

566例目は、県外在住で湯沢町滞在中の20歳代女性(学生)。12月27日にアルバイトのため来県。2日、PCR検査の結果、陽性が判明した。感染経路は不明。現在発熱、咳、倦怠感がある。濃厚接触者は調査中。入院済み。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も