建築工事を手掛ける株式会社GREENHOME(新潟県柏崎市)が事業を停止、負債総額は1億929万円


建築工事を手掛ける株式会社GREENHOME(新潟県柏崎市、設立2014年、資本金300万円、上野譲社長)は12日、横田大樹弁護士(横田大樹法律事務所、新潟県柏崎市)名で、「本日、新潟地裁長岡支部に破産手続開始を申し立てる」旨の貼り紙を出し、事業を停止した。負債総額は1億929万円(2021年8月期時点)。

2012年創業の2014年6月に法人化した建築工事業者で、住宅新築やリフォームを請け負い、2021年8月期は売上高1億1,096万円を計上していた。

しかし、法人化以降は採算が伴わず、連続赤字によって債務超過に陥り、資金面は脆弱な状況となっていた。2020年8月期は減収となる中、当期純利益1,119万円を上げたが、2021年8月期には当期純損失1,042万円と再び赤字に転落。

2022年8月期においても受注環境や採算面は好転しなかった模様で、資金繰りが限界に達し、今回の事態となった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も