モスフードサービス、新潟開港150周年を記念してタレカツバーガーを販売

来年1月18日か2月上旬まで、北陸4県の地域限定で販売

タレカツバーガー(写真左)とタレカツバーガー大盛

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(東京都)は、来年1月の新潟開港150周年を記念し、来年1月18日か2月上旬まで、北陸4県(新潟、富山、石川、福井)のモスバーガー全47店舗で、「タレカツバーガー」(370円)、「タレカツバーガー大盛り」(450円)を地域限定で販売する。

タレカツバーガーは、新潟県の名物・タレカツ丼をイメージしたハンバーガー。しょうゆダレをからめた豚モモ肉のカツを2枚使用し、その上に千切りキャベツをのせ、ボリューム感たっぷりに仕上げた。甘めのしょうゆダレは、カツオと昆布の出汁をベースに、3種類の醤油とフルーツシュガーを使っている。またタレカツ丼と同様に「大盛り」もある。2011年8月、2012年7月、2013年7月に期間限定で販売したが、今回は新潟県のモスバーガー店舗のほか、近隣の富山県、石川県、福井県の店舗でも同時に販売する。

タレカツ丼は、揚げたてのトンカツを醤油ベースのタレにくぐらせ、ごはんの上に乗せたもの。昭和初期に誕生したといわれ、新潟市民のソウルフードとして愛されている。