新潟県が、職務専念義務違反により佐渡地域振興局の主査を懲戒免職


新潟県は27日、同日付けで職務専念義務違反により佐渡地域振興局県税部主事の佐々木聖也氏(38歳)の懲戒処分(免職)を行ったと発表した。

処分対象者は、昨年10月22日から現在までの間、年次有給休暇の請求などの手続を行うことなく、正当な理由がないまま欠勤していたという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も